女性

小陰唇は縮小手術を受けることで形と見た目を良くできる

縮小手術で治そう

ウーマン

閉経すると女性ホルモンの働きが悪くなるため、小陰唇が大きくなります。小陰唇が大きくなると見た目が悪くなりますし、生活にも負担を与えてしまいます。そのような悩みを解決するために小陰唇縮小手術を受けましょう。

この記事を読む

小陰唇の悩みを解決しよう

レディ

美容外科に相談する

小陰唇の形や色は人によって異なります。そのため自分の小陰唇にコンプレックスを感じている人は多いでしょう。しかし、人によって違いますからそこまで不安になることはありません。それでも気になると言う方は一度美容外科などへ行き医師に診てもらうと良いでしょう。そうすれば医師が話しを聞いてくれたり処理をしてくれたりします。

手術方法について

小陰唇が大きい場合は、縮小手術を受けましょう。この手術は縫合する方法です。まずは、大きい部分をカットします。そして、患部を縫うのです。そうすれば大きさも形もベストになります。切開と縫合を行なうことは人によって不安に感じるかもしれませんが、入院をするほどの大きな手術ではありません。また、手術中は麻酔をしてくれるため痛みはないです。術後は炎症や腫れを抑える薬を処方してもらえるため安心です。

手術後の注意点

この小陰唇の縮小手術を受けたあとは、激しい運動ができません。それは、患部の糸が切れてしまい出血を起こしてしまうからです。歩くことは可能ですが、走ったり自転車に乗ったりはできないためその点は注意しておきましょう。一定期間が経てば走ったり自転車に乗ったりすることが可能になります。また、パートナーとのスキンシップも大丈夫です。

医師探しが重要

小陰唇の縮小手術を受ける際は、技術のある医師に依頼しましょう。経験が必要な治療になってきますので、実績のある医療機関をリサーチしなければなりません。

簡単な臭いの解消法

笑顔の女の人

デリケートゾーンの臭いで悩んでいると言う方は、専用の石鹸で洗ったりナプキンを交換したりしましょう。常に清潔な状態を維持することで、ある程度臭いを緩和させることができます。

この記事を読む

カンジタ菌を繁殖させない

悩む女性

カンジタ菌はストレスや疲れなどが溜まり、免疫力が低下したときに繁殖しやすいです。繁殖すると膣カンジタという疾患になります。予防方法としてストレスと疲れを溜めないことやデリケートゾーンを清潔にすることが大事です。

この記事を読む